今日も窓辺でプログラム

外資系企業勤めのエンジニアが勉強した内容をまとめておくブログ

MT4でカスタム指標を定義してみる

前回はMT4でスクリプトを実行してみました。今回はチャートに自分で定義した指標を描画するカスタム指標を定義してみようと思います。

カスタム指標とは

前回も紹介した通り、カスタム指標 (Custom Indicator) とは独自に作成したテクニカル指標をチャートに描画するためのプログラムです。

カスタム指標には初期化のためのOnInit()関数と実際に指標を計算するOnCalculate()関数を定義しますが、カギとなるのは OnCalculate() 関数で、次のような場合にカスタム指標を計算するために呼ばれます。 1. カスタム指標がチャートに読み込まれ、初期化処理 (OnInit()) が終了した直後 1. 新しいティックを受信したとき

続きを読む

MT4でスクリプトを実行してみる

FXなどの自動売買で使用されるMT4でスクリプトを実行してみます。

MT4とは?

FXの取引に使われるソフトウェアです。色々な通貨ペアのチャートを表示することに加え、そのチャートに対してプログラムを走らせることができます。

プログラムは次の3種類に分けられるようです。

  • Script: チャートに対して1度だけ実行されるプログラム
  • Custom Indicator: 独自に作成したテクニカル指標をチャートに描画するプログラム
  • Expert Adviser (EA): チャートの価格の変化に応じて自動売買ができるプログラム

今回はまず一番簡単そうな、一度だけコードを走らせるスクリプトを実行してみようと思います。

環境

MT4がWindowsにしかインストールできないのでWindows環境で動作確認しています。また、MT4は楽天証券のサイトからインストールした下記のバージョンのものを使用しています。 * Rakuten MetaTrader 4, Version 4.00, Build 1170

Hello, World

まずは何はともあれHello Worldです。MT4ではMQL4というC言語ライクな文法をしており、下記のコードを実装したスクリプトをコンパイルしチャートにドラッグすると、ターミナルのエキスパートタブに "Hello, world!" が表示されます。

#property copyright "Copyright 2019, madopro"
#property link      "https://www.madopro.net"
#property version   "1.00"
#property strict

void OnStart()
  {
    Print("Hello, world!");   
  }

定義済み変数

MQL4には取引に役立つ様々な変数が事前に定義されています。変数一覧はPredefined Variables - MQL4 Referenceから参照できます。 現在の売値や買値に加え、チャートを過去にさかのぼった始値終値なども取得することができます。

#property copyright "Copyright 2019, madopro"
#property link      "https://www.madopro.net"
#property version   "1.00"
#property strict

void OnStart()
{
    // Pre-defined variables.
    Print("通貨ペア=", _Symbol);
    Print("小数桁数=", _Digits);
    Print("最小値幅=", _Point);
    Print("タイムフレーム=", _Period);
    
    Print("Bid=", Bid, ", Ask=", Ask);
    
    for(int i = 0; i < 10; i++) {
        Print("[", i, "] Open=", Open[i], ", High=", High[i], ", Low=", Low[i], ", Close=", Close[i]);
    }
}

スクリプトはコードが実行されるのが1回きりですが、カスタムインディケーターやEAなどだと、 Open などの変数が以下に便利そうか想像がつきますね。

参考

新MT4対応 FXメタトレーダープログラミング入門

新MT4対応 FXメタトレーダープログラミング入門

VSCodeでscrollPageDownした時にカーソルも付いてきてほしい

問題点

今までVisual Studio Codeに表示しているテキストをページスクロールする時にはscrollPageDown, scrollPageUpにショートカットを割り当てて使っていました。

手元の環境だと、scrollPageDownなどでテキストをスクロールした際に、文字入力のカーソルが元の場所に置き去りにされてしまうような挙動となっており、これが結構ストレスでした。

解決策

やはり同じ悩みを抱えている方はいるようで、VS CodeのIssueに解決策が載っていました。

scrollPageDownの代わりに、editorScrollというコマンドを割り当て、引数にrevealCursor=trueを渡すと良いようです。私の場合、ctrl+vにscrollPageDownを割り当てていたので、代わりに次のような項目をkeybindings.jsonに追加しました。

{
    "key": "ctrl+v",
    "command": "editorScroll",
    "args": {
        "to": "down",
        "by": "page",
        "revealCursor": true
    },
    "when": "editorTextFocus"
}

この設定ではまだ少ししか作業してませんが、今のところ快適です。

Scala + SparkでDatasetを使ってTFIDFを計算する

はじめに

前回の記事ではSparkをローカルで試せる環境を用意しました。

Windows Subsystem for Linux(WSL)でSpark環境を構築してみる - 今日も窓辺でプログラム

今回は日本語のテキストファイルに含まれる単語数をカウントする処理をSpark上で行ってみたいと思います。 SparkもScalaもGradleも初めてなので、もしかしたら怪しいことを言っている箇所もあるかもしれません。。

環境は前回に引き続き、Windows Subsystem for Linux上のUbuntu 16.04で行っています。

続きを読む