読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も窓辺でプログラム

外資系企業勤めのエンジニアが勉強した内容をまとめておくブログ

CNTKの環境構築と動作確認をしてみる

機械学習 CNTK

はじめに

GoogleがTensorFlowというディープラーニングのフレームワークを提供しているように、MicrosoftもCNTKというディープラーニングのフレームワークを提供しています。
普段はTensorFlowを触っていたのですが、仕事でCNTKも触らなきゃいけなさそうなので、自宅のPCで環境構築と動作確認をしてみます。

続きを読む

TensorBoardのEmbedding Visualizationで単語ベクトルたちを可視化してみる

NLP Python TensorFlow

はじめに

TensorFlowの0.12から、Embedding Visualizationという機能が追加されました。
単語や画像などを表現しているベクトルを可視化するためのツールです。

公式サイトの説明ページを開いてみてください。Embeddingが3次元空間にきれいに可視化されていて、しかもそれをマウスで自由に動かせる様子が見て取れます。

今回は、以前word2vecの手法で学習した単語ベクトルたちをEmbedding Visualizaationを使って可視化してみようと思います。

続きを読む

日経平均のテクニカル指標を計算してヒストグラムや散布図を書いてみる

Python pandas 株価予想

はじめに

以前、日経平均が日中にどの程度動くかの予想にチャレンジしていました。
www.madopro.net

S&P500、ハンセン、DAXなど、世界各国の指標をもとにして予想するというアプローチだったのですが、以前のアプローチだと日中の値動きを予測するのにはあまり役に立たないという結論でした。

日中の値動きを予測するのは難しそうなので、今回は予測するものを少し変えて、「m日以内に株価がn%上昇するか」を予想できないか挑戦してみます。
今回はまず、様々なテクニカル指標を実際に日経平均に適用してみて、その指数のヒストグラムを描くことによってその指標と株価の上下に何か関係性がありそうか、見てみようと思います。
単純な分布を見ただけではうまくいかなさそうですが、、とりあえずやってみましょう。

(普段私はテクニカルな取引をしていないので、何か間違ったことを書いているかもしれません。その場合はご指摘いただけると幸いです。)

続きを読む

Pythonでローソク足と出来高を1つのチャートに簡単に描く方法

Python pandas 株価予想

今回やること

Pythonを使ってYahoo!ファイナンスの株価時系列データを読み込み、ロウソク足と出来高のチャートをひとつの図に描く方法を紹介します。
データの読み込みにpandas、描画にはmatplotlibを使用します。

続きを読む